So-net無料ブログ作成

<名誉棄損訴訟>大学教授勝訴確定 セクハラ認めず 最高裁(毎日新聞)

 週刊文春の記事でセクハラをしたなどと報じられ名誉を傷付けられたとして、浅野健一・同志社大教授が発行元の文芸春秋と執筆者ら3人に1億1000万円の賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は16日付で教授側、文春側双方の上告を退ける決定を出した。550万円の支払いを命じた2審・大阪高裁判決(09年5月)が確定した。

 同誌05年11月24日号は「『学内セクハラ』を被害者が告発」との見出しで、浅野教授が大学院生ら女性3人にセクハラをしたり、博士論文の審査資格がある立場を強調して院生を従わせようとしたアカデミック・ハラスメント行為があったと報じた。

 1審・京都地裁は08年2月、教授の主張を一部認め、文春側に275万円の支払いを命じた。高裁判決は、訴訟で提出された「女性が被害状況をまとめた書面」について「本人が書いたものか分からない」と指摘。「セクハラ行為はいずれも真実と認められない」と認定し賠償額を倍にした。アカハラ行為は真実と認めたため、双方が上告していた。

【関連ニュース】
八百長疑惑裁判:賠償を3割以下に減額 東京高裁判決
名誉棄損:ネット上「深刻な被害ある」最高裁初判断
職員の名誉棄損:教育心理学会の元理事長ら敗訴 東京地裁
大相撲:八百長疑惑報道訴訟 「著名人料」加算せず 慰謝料大幅減額−−東京高裁判決
ネット名誉棄損:ネット上も要件同じ 「深刻な被害ある」−−最高裁初判断

大阪桐蔭ナイン ニュー甲子園初練習(産経新聞)
栗山元次官、密約「引き継ぎ書」存在認める(読売新聞)
<社債>トラブル相談相次ぐ 総額14億円解約などに応じず(毎日新聞)
「レスしなきゃ」疲労感 たまに「休ネット日」を(産経新聞)
埋葬せずに遺骨紛失、寺に4480万賠償命令(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。