So-net無料ブログ作成
検索選択

水俣病救済方針を閣議決定=未認定患者3万人超対象−全面解決目指す(時事通信)

 政府は16日、水俣病救済特別措置法に基づき、水俣病未認定患者の「救済方針」を閣議決定した。一時金を1人当たり210万円とするなど、先月の熊本地裁での和解と同等の条件とした。対象者は3万人を超える見通しで、政府はこれにより、水俣病問題の全面解決を目指す。
 方針によると、新たに救済対象となる患者には、一時金のほか、医療費の自己負担分、月額1万2900〜1万7700円の療養手当を支給する。患者団体に対しては、団体活動に必要な加算金も給付する。
 熊本、鹿児島両県の水俣湾沿岸や新潟県阿賀野川周辺に長期間居住した経験がなくても、この地域の魚介類を多く摂取して症状のある患者も申請対象にする。判定は、関係各県が指定する病院で検診を受けた上で、各県の判定検討会が行う。 

【関連ニュース
渡辺政秋氏死去=胎児性水俣病の初認定患者
上海万博、6月出席へ=開会式は見送り
水俣病、2人を患者認定=新潟市
上海万博開会式に出席要請=中国政府が鳩山首相周辺に
「生きていてよかった」=目に涙、厳しい表情の原告も

33歳男を指名手配=佐世保の警官刺傷−長崎県警(時事通信)
こいのぼりがお目見え=埼玉県川口市〔地域〕(時事通信)
<成田空港>軍用拳銃300丁国内へ ドイツから誤って送付(毎日新聞)
1Q84 朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)
<事業仕分け>川端文科相が枝野刷新相に苦言(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。