So-net無料ブログ作成
検索選択

巨人元投手、桑田さんの元義兄初公判 詐欺事件の認否保留(産経新聞)

 旅館の売買の仲介を装い多額の約3億円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた会社役員、長田喜弘被告(51)の初公判が27日、横浜地裁(佐脇有紀裁判官)で開かれた。長田被告側は起訴内容について認否をしなかったため、公判は進まず閉廷した。

 長田被告はプロ野球巨人の元投手で米大リーグ・パイレーツでも活躍した桑田真澄さんの姉の元夫。法廷には白の上下のスポーツウエアで入り、神妙な面持ちで裁判官の人定質問などに答えていた。

 起訴状によると、長田被告は平成17年3月、横浜市ホテルで同市の男性に大分県の旅館の買収話を持ちかけ、約3億円を振り込ませるなどしてだまし取ったとしている。

【関連記事】
政界進出!? 桑田、球界復帰は「考えてないです」
外様頼りの巨人、V10ノルマにOB反論「生え抜き主軸じゃなきゃ」 
“首席”桑田は速球派!? 担当教授とさっそくコラボ
桑田氏、次の“勉強”は米とワイン作り
桑田氏卒論「最優秀」に A4リポート用紙96枚の大作
「裸の王様」次に座るのは…

俳聖が句心かきたてた「おくのほそ道」をぶらり(産経新聞)
首相不起訴相当 資料も公表拒否 残る説明責任「国民感情で考えがたい」(産経新聞)
ひき逃げ?57歳女性死亡 群馬・高崎(産経新聞)
普天間現行案「前政権の話」=小沢氏(時事通信)
火山噴火 外国人客の離日始まる 成田空港(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。