So-net無料ブログ作成
検索選択

日本、カメルーン下す=海外W杯で初勝利―本田が決勝ゴール(時事通信)

 【ブルームフォンテーン(南アフリカ)時事】サッカーの第19回ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会第4日は14日、当地のフリーステート競技場などで行われ、1次リーグE組の日本はカメルーンを1―0で下し、白星スタートを切った。
 4大会連続出場の日本は、海外開催のW杯で初勝利。1次リーグの初戦で勝ったのも初めてで、1998年フランス大会で指揮を執った岡田武史監督にとってもW杯初白星となった。
 日本は本田圭佑(CSKAモスクワ)を1トップに置く布陣。前半39分、松井大輔(グルノーブル)の右クロスを本田が遠いサイドで受け、左足で落ち着いて決めた。この1点を守りきった。
 世界ランキングは日本が45位で、カメルーンは19位。対戦成績は日本の3勝1分けとなり、日本国外での試合では初勝利だった。日本は19日にオランダ、24日にはデンマークと対戦する。
 同じE組のオランダとデンマークはヨハネスブルクで対戦し、オランダが2―0で勝った。連覇を狙うF組のイタリアはケープタウンでパラグアイの挑戦を受ける。 

民主が活動費不足分を支給 6候補と静岡県連に(産経新聞)
参院選60議席目指す=岡田外相(時事通信)
「1−0でも勝ちは勝ち」(産経新聞)
裁判員裁判の判決文に評議の経過 「国民目線」見せる工夫!?(産経新聞)
逮捕の女性、処分保留で釈放=「偽医師」事件―盛岡地検(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。